キャンプ

キャンプでカセットガスを愛用する5つの理由

12月になって一気に寒くなってキャンプ欲高まってます、ゆっきーです。

キャンプをされている皆さんは、調理などで使う燃料は何を使っているでしょうか?

キャンプでの燃料といえば、アウトドア用のOD缶を筆頭に固形燃料アルコール、石油ストーブだと灯油などがあると思いますが、

僕はキャンプでの燃料をほぼすべてカセットガスで賄っています。

そう、冬になれば家で鍋をするときにつかうあれです。

  • どこでも手に入る
  • 安い
  • 持ち運びが楽
  • 使い回せる
  • 家でも使える

という5つの理由から愛用しています。

キャンプでの燃料選びの参考になると幸いです。

どこでも手に入る

出発前に確認したつもりでも、お約束と言われるぐらいキャンプでの忘れ物は定番。

キャンプ場に着いたはいいけど、いざ確認したらガスが空だった!買い足してない!

という事も少なく無いです。

でもカセットガスであれば、アウトドア用のガス燃料と違い、スーパーやホームセンター、コンビニでも購入出来るので、緊急時でもすぐに補充が出来ます。

安い

キャンプメーカーが販売しているアウトドア用ガス燃料は、サイズなどにもよりますがAmazonでも1つ500円以上。

しかしカセットガスなら3本で500円以下

スーパーの安売りなどではさらに安くなるときもあるので、見かけたときに買っておけば燃料代の節約になります。

持ち運びが楽

灯油やアルコール、ホワイトガソリンなどは、専用の容器があっても車の中での転倒が心配になります。ひっくり返すと車内が大変な事になりますからね…

しかしカセットガスならその手の心配は皆無。超気楽です。

使い回せる

僕はキャンプでの調理用、暖房用、光源用とすべてカセットガスです。

なので仮に、調理用に使っていたガスが切れてしまった!

というときでも、他の缶にガスが残ってれば、交換して即使えます。

家でも使える

安いときにまとめ買いをするとつい余らせてしまいますが、冬になれば鍋のシーズン。卓上コンロの出番は多いはずです。

鍋の最中にガス切れになっても、まとめ買いしたガスの在庫があれば、急遽買い出しに行く心配もありません。

まとめ

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

  • 入手しやすい
  • 安い
  • 運搬しやすい
  • 燃料を統一しておけば使い回せる
  • 家でも使える

以上が、僕がカセットガスを愛用する5つの理由になります。

寒すぎるとガスが気化しなくなってしまうのは欠点ですが、そこはパワーガスを使えば解消できます。

なので僕は冬時期は可能な限り普通のカセットガス寒くて着火しなくなったらパワーガスと状況にあわせて切り替えています。必要なものとはいえ、高いですからね、パワーガス(笑)

キャンプでの燃料選びの参考になったのなら嬉しいです!

ABOUT ME
ゆっきー
アニメゆるキャン△でキャンプに目覚めた田舎キャンパー。山口県在住。無呼吸症候群なのでCPAPと電源片手に、主にソロキャンプを楽しんでいます。 自分が行ったキャンプ場、キャンプの様子、キャンプギア、アニメの話などなど。色々と記事にしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA