雑記

【レンジでかんたん】家庭でもできる緑茶のつくり方

ゆっきー
ゆっきー
春の一番茶の季節です!

加工する前の茶葉を頂いたので、自宅で緑茶をつくってみました。

 

調べてみると工程も簡単。

  1. 水洗い
  2. 蒸す
  3. 乾燥
  4. 手もみ
ゆっきー
ゆっきー
あとは③〜④を繰り返して、水分がなくなれば完成です

ちょっと手間はかかりますが、とっても簡単です。

自分への備忘録も兼ね「家庭でできる緑茶のつくり方」についてまとめてみました。

 

電子レンジさえあれば誰でも緑茶がつくれるので、是非挑戦してみてください!



 

工程① 水洗い

収穫した茶葉を水洗いします。

ゴミなどはこのときにしっかり取り除きましょう。

ゆっきー
ゆっきー
せっけんで手を洗ってしまうと、茶葉にせっけんの香りがついてしまうので注意

 

工程② 蒸す

今回は量が多かったので蒸し器を使いました。蒸し時間は1〜2分です。

 

蒸した茶葉はキッチンペーパーで水気を拭き取ります。

熱と水分を取るために、サーキュレーターを活用しました。

ゆっきー
ゆっきー
少量ならアイラップに入れてレンチンでもOK。その場合は600W2分が目安

 

工程③ 乾燥

耐熱性のある皿に平たく並べてレンジにかけ、茶葉の水分を飛ばします。

ラップはかけず、500Wで2分30秒。

ゆっきー
ゆっきー
一度に多くレンジにかけると水分が飛びづらいので、少量づつやるのがコツです

 

工程④ 手もみ

水分を飛ばした茶葉を手もみます。

ゆっきー
ゆっきー
レンジで温めた直後なので、熱さに注意

職人さんならきれいな針状になっていくようですが、なにぶん初めてのド素人が揉んだので、最終的に粉状に……(笑)

 

乾燥と手もみをくり返す

1度のレンジ加熱では水分は完全に飛ばないので、乾燥と手もみをくり返します。

ゆっきー
ゆっきー
茎部分が「ポキッ」と簡単に折れるようになる状態が目安

 

4回くり返すと塊になっていた葉の部分の水分が飛び、目安の茎も折れやすくなったので完成としました。



まとめ:簡単なのでLet’s チャレンジ

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

以上が 家庭でできる緑茶のつくり方になります。

  1. 水洗いして汚れを落とす
  2. 1〜2分蒸す
  3. 500W2分30秒でレンジにかけ、乾燥させる
  4. 手もみをして茶葉をまとめる
  5. 乾燥と手もみをくり返す

量もそれなりにあったので、すべて終えるまで2時間ほどかかりました。

 

茶葉の量が多かったので蒸し器を使って蒸しましたが、少量ならレンジでもOK。

電子レンジのワット数はご家庭によって違いがあるので、加熱時間で調節して下さい。

 

乾燥はフライパンで火にかけて試してみましたが、電子レンジを使うほうが早いし確実でした。

ゆっきー
ゆっきー
ホットプレートを使って乾燥もできるぞ

 

手もみを失敗して粉状の緑茶ができてしまいましたが、苦味の中にもしっかりと甘みがあり、良い緑茶に仕上がっていました。

見た目はあれですが、身内で飲むだけなので問題なしです!笑

 

次のキャンプは、自作のお茶でのんびりとティータイムを楽しみたいと思います。

 

詰んだお茶の葉は天ぷらにしても美味しいらしいですよ。

加工前の茶葉を手に入れたら、緑茶加工と合わせて試してみてください!

 

\ブログ村、ランキング参加中!/

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ



ABOUT ME
ゆっきー
アニメゆるキャン△でキャンプに目覚めた田舎キャンパー。山口県在住。無呼吸症候群なのでCPAPと電源片手に、主にソロキャンプを楽しんでいます。 自分が行ったキャンプ場、キャンプの様子、キャンプギア、アニメの話などなど。色々と記事にしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA