キャンプ場

【竜王山公園オートキャンプ場】ファミリー向けオートキャンプ場 大型遊具あり

ゆっきー
ゆっきー
海水浴ができるきららビーチ焼野が近くにあります

山口県山陽小野田市にあるキャンプ場、竜王山公園オートキャンプ場についての紹介です。

 

  • 場所
  • サイト・料金
  • 特徴
  • 周辺のお店
  • 良いところ・悪いところ

 

大型の遊具があり、電源水道付きのオートサイトがメインのキャンプ場で、キャンプシーズンは山口県外からファミリーキャンパーの利用の多い人気のキャンプ場です。

ゆっきー
ゆっきー
山陽小野田市街地も近いので、買い出しもしやすいです

 

山口県でのキャンプ場選びの参考にして頂けると嬉しいです。

それではどう( ´・ω・)⊃ 竜





 

場所:山口県山陽小野田市

住所 山口県山陽小野田市小野田梶ヶ迫841
TEL 0836-89-0055
FAX 0836-89-1538

竜王山公園オートキャンプ場HPより引用

竜王山公園オートキャンプ場は、山口県山陽小野田(さんようおのだ)市竜王山公園にあるオートキャンプ場。

小野田ICから車で約20分の距離で、キャンプシーズン中は家族連れで賑わう人気スポットです。

 

サイト・料金:芝サイト4,190円

竜王山オートキャンプ場のサイトは3種類

オートサイト フリーサイト トレーラーハウス
1泊 4,190円 2,090円 10,470円
デイ 2,090円 利用不可 5,230円

 

設営場所は全面芝で、オートサイトには水道とAC100Vの電源がついています。

宿泊の場合、チェックインは15時~17時チェックアウトは翌13時まで。

デイ利用の場合は9時~16時となっています。

ゆっきー
ゆっきー
キャンプ場利用料に+して、公園内への入場料が1人100円必要になります(小学生未満は無料)

※トレーラーハウスについては老朽化のため2022年3月19日現在は使用不能とのことです。

 

特徴:竜の遊具

竜王山公園オートキャンプ場HPより引用

オート・フリート2通りのサイトがありますが、最大の特徴は公園内にある竜の遊具と呼ばれる大型のアスレチック

時間のかかるテントの設営中など、子供さんは時間を持て余してしまいがちですが、施設内に遊び場があるので退屈はしません。

施設内に2か所あるサテライトハウスにはトイレ、炊事場、コイン式の温水シャワー、洗濯機、乾燥機があります。

テントやタープなどのレンタル品や、木炭や薪などの消耗品の販売もあります。

 

キャンプ場のある山のすぐふもとはビーチになっていて、夏は海水浴も楽しめます。

ゆっきー
ゆっきー
きららビーチ焼野は、日本の夕日100選にも選ばれた場所です

 

周辺:海水浴ができるビーチがある

山陽小野田市市街地が近いということもあり、買い出しが出来る場所は豊富

最寄の小野田ICを出るとすぐにマックバリュ、コーナン、岩崎チェーン、ダイソーがあり、食料品も含めキャンプ用品の補充も簡単にできます。

ゆっきー
ゆっきー
おのだサンパーク「北海道うまいもの館」では、ジンギスカンやスープカレー、豚丼のたれなど、北海道の美味しいものがゲットできます

 

キャンプ場内にはシャワーもありますが、キャンプ場に宿泊すると、きららビーチ焼野にあるきらら交流館の入浴割引券がついて来るので、大きなお風呂でゆったり汗を流せます。

ゆっきー
ゆっきー
きらら交流館の中にはレストランもあります

 

良いところ

  • 水道と電源付きのオートサイト
  • キャンプ場内に遊具がある
  • 市街地が近く買い出しがしやすい
  • 海が近く、夏は海水浴も楽しめる
  • 管理人が常駐しており、夜間はゲートが閉まる

 

サイトに水道と電源が付いているので、キャンプ中も非常に快適。

子供の遊び場もキャンプ場内にあり、山を下りるとすぐにビーチがあるため夏のキャンプ旅行には非常に利便性の高い場所です。

 

悪いところ

  • チェックインの15時からと遅め
  • ソロキャンプ利用には割高
  • キャンプ場利用料の他に100円の入場料がかかる
  • シーズン中は家族ずれで賑わうため、騒がしい

 

ファミリーやグループ向けのキャンプ場なので、2,090円のフリーサイトもありますがソロキャンパーにはやや不向き。

追加の料金として公園入場料100円が必要なのもネックです。

ゆっきー
ゆっきー
9月のシーズン中に利用した事がありますが、日付が変わっても話し声や子供の走り回るおとなどが騒がしく、耳栓は必須

 

まとめ:ファミリーorグループに最適なキャンプ場

いかがでしたでしょうか?

  • 水道・電源付き4,190円のオートサイト
  • 別途1人100円の入場料が必要
  • 近くにはビーチ、大きな風呂あり
  • 市街地が近いので買い出しは便利

共用スペースのトイレや炊事場、温水シャワーなどは清掃も行き届いて洗濯も可能と、夏場の連泊でも快適に過ごしやすいキャンプ場です。

ファミリー向けなのでサイトの利用料は高めですが、管理人も常駐しており、夜間はゲートも閉まるため防犯面ではかなり安心できます。

4月1日から7月のキャンプ予約受付もはじまるので、家族での夏の思い出づくりの場所としていおすすめです。

 

\ブログ村、ランキング参加中!/

にほんブログ村 アウトドアブログへ




随時更新! 山口県のキャンプ場がわかる【山口キャンプMap】山口県内を中心に、キャンプ場の地図をつくりました。GoogleMapなので使い勝手もGOOD。キャンプ場付近の買い出しできるお店、キャンプ用品が買えるお店、観光地などを随時追加していきます。...
ABOUT ME
ゆっきー
アニメゆるキャン△でキャンプに目覚めた田舎キャンパー。山口県在住。無呼吸症候群なのでCPAPと電源片手に、主にソロキャンプを楽しんでいます。 自分が行ったキャンプ場、キャンプの様子、キャンプギア、アニメの話などなど。色々と記事にしています。

POSTED COMMENT

  1. あらえる より:

    一般の方の公園入場料は、小学生以上100円/人必要ですが、キャンプで入場される場合は、入場料はかからないですよ。
    サイト利用料金のみで1サイト6人まで無料です。
    チェックイン前に公園で遊ぶ場合は、別途100円かかります。

    あと、広場サイトと呼ばれる電源なしのサイトも区画制限はありますが、全てオートサイトなので、車は横付けできます。
    こちらにはソロの方専用の小さめのサイトもありますので、ファミリーとは離れてキャンプできますよ。

    • ゆっきー より:

      情報ありがとうございます。
      以前オートサイトを利用しときはキャンプ利用でも別途入場料を支払ったと記憶していたので、大変助かります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA