キャンプギア

【初心者必見】初めてのキャンプで揃える道具

キャンプ初心者
キャンプ初心者
今年こそキャンプデビューしたい!…でもどんな道具が必要なの?
ゆっきー
ゆっきー
キャンプに必要な道具をリストアップしました!
  • キャンプデビューしたい
  • でも、どんな道具が必要なのかわからない
  • 周りに詳しい人がいない

そんなはじめてのキャンプに向けて準備をしたい方へ、必要なものを紹介します。

 

キャンプに必要な道具は、

  • 人数
  • 行き先
  • 宿泊日数
  • 季節

によって必要なものは異なりますが、必要なものにプラスして、実際にキャンプをしてこれがあって良かったものをまとめています。

 

ちなみに最低限、1泊キャンプに必要なものだと…

  1. テント
  2. ハンマー
  3. 寝袋
  4. マット
  5. チェア
  6. テーブル
  7. 食器・調理器具
  8. クーラーボックス

以上、9点に絞られます。

 

キャンプ初心者
キャンプ初心者
よっしゃ!こだわりの道具を揃えるぞ!
ゆっきー
ゆっきー
ちょっと待った!

実際に道具を使うと「これなんか違うな…」と感じることも多いです。

最初は家にあるものや、100均も活用して道具を揃えましょう。

こだわるのはあつからでも充分できます。

 

キャンプ道具を持っていないけど、キャンプに行ってみたい。
という方には、レンタルサービスもおすすめです!


是非キャンプデビューの参考にしてください!

 

テント・タープ

宿泊に必要なテント。

日差しを遮ったり、雨をしのぐのに必要なタープ。

設営に必要なものとして、ハンマーやペグをまとめています。




テント

キャンプといえばやはりテント。

人数やスタイルで必要な大きさは変わりますが、参加人数+1のサイズがベスト。

ゆっきー
ゆっきー
+1のスペースは、荷物スペースとして活用できます

 

タイプとしては、居住性の良いドームテント

created by Rinker
¥13,957
(2022/06/29 03:17:15時点 楽天市場調べ-詳細)

 

もしくは設営のしやすいワンポールテントをおすすめします。

created by Rinker
¥14,800
(2022/06/29 03:17:16時点 楽天市場調べ-詳細)

ゆっきー
ゆっきー
テントに前室があると、雨の時に靴や道具が濡れずに済みます

 

グランドシート

created by Rinker
¥324
(2022/06/29 03:17:16時点 楽天市場調べ-詳細)

テントの汚れや破損を防止するために必要な道具。

  • 専用のものがない場合もある
  • 安くすませたい
  • 汚れるし損耗しやすい
  • テントの下敷きになるから見えない

という理由で、メーカー品よりはホームセンターなどでも売られているシートをおすすめします。

ゆっきー
ゆっきー
テントの床面積より、少し小さいものを選びましょう

 

ペグハンマー

created by Rinker
¥2,480
(2022/06/29 07:13:03時点 楽天市場調べ-詳細)

ペグ打ちで活躍するペグハンマー。

なければ石で代用できますが、専用の道具を使った方が楽だし早くペグが打てます。

 

ペグ

created by Rinker
¥2,580
(2022/06/29 07:13:03時点 楽天市場調べ-詳細)

テントにペグは付属していますが、ほとんどがアルミ製

硬い石があるとすぐに折れ曲がってしまいます。

頑丈な鋳造ペグだと、多少の石なら曲がらず、砕いてペグ打ちができます。

ゆっきー
ゆっきー
いきなり何本も揃えるのはコストがかかるので、主要部分だけでも頑丈なペグにしましょう

 

タープ

レクタタープ 防水タープ 3m*3m

日差しや雨を避けるために必要なタープ。

スクエア(四角形)やヘキサ(六角形)、ウイングなど色々な種類があります。

はじめてなら設営のしやすいスクエアかヘキサがおすすめです。

ゆっきー
ゆっきー
広い全室や2ルームテント、「日よけなど要らぬ!」という方には不要かもしれません

ポール

安いタープだとポールが付属していないものがほとんど

ない場合は別途ポールが必要になります。

タープのアレンジや、テント全室の跳ね上げにも必要なので、必要に合わせて購入しましょう。

 

居住

チェアやテーブル、くつろぐために必要な道具です。

チェア

created by Rinker
¥1,980
(2022/06/29 12:58:34時点 楽天市場調べ-詳細)

くつろぎやすいローチェア、座りやすく腰に優しいハイチェアがあります。

収納ポケットがついたものだと、スマホなどを入れられて便利です。

ゆっきー
ゆっきー
テーブルと高さを合わせましょう

 

テーブル

created by Rinker
¥4,580
(2022/06/29 16:32:03時点 楽天市場調べ-詳細)

木製やアルミ、布なの素材は様々。

メッシュネットがあるものは物置に。

ランタンハンガー付きのものだと、ランタンを吊るせて便利です。

ゆっきー
ゆっきー
チェアと高さを合わせましょう

ランタン

created by Rinker
¥3,300
(2022/06/29 16:32:03時点 楽天市場調べ-詳細)

初心者におすすめなのは電池か充電式のLEDランタン

火災の危険性もないので、ファミリーキャンプにもおすすめです。

2つ以上あると、寝室とリビングで使い分けもできて便利。

ゆっきー
ゆっきー
ヘッドライトがあると両手がフリーになるので作業がしやすいです。

 

レジャーシート

created by Rinker
¥2,980
(2022/06/29 17:50:18時点 楽天市場調べ-詳細)

お座敷スタイルに必要な、いわゆるピクニックシート。

「あれば便利」なものなので、状況にあわせて購入しましょう。

 

寝具

普段でもキャンプでも、大切なのは睡眠。

移動や設営・撤収で体力を使うので、ゆっくり眠れる環境は大切です。

寝袋

created by Rinker
¥1,980
(2022/06/29 17:50:18時点 楽天市場調べ-詳細)

季節や気温で必要な寝袋は変わりますが、夏なら安くて薄い、コンパクトになる寝袋でOK。

 

マット

キャンプでの敷布団。

地面の凹凸や熱・冷気を軽減するために必須のマット。

安く済ませたいなら銀マットですが、エアー+ウレタンのインフレーターマットがあると、快適に眠れます。

created by Rinker
¥6,800
(2022/06/29 10:20:19時点 楽天市場調べ-詳細)

ゆっきー
ゆっきー
VENTLAXのマットを愛用していますが、寝心地は神です。

 

コット

キャンプでの「ベッド」。それがコット。

役割はマットに似ていますが、地面に直接体が触れないので、より地面の熱・冷気の影響を受けづらくなります。

マットと組み合わせて使うと、より寝心地がよくなります。

ゆっきー
ゆっきー
コットの高さやサイズは、テントに合わせて選びましょう。最悪、「テントに入らない!」なんてことも…

 

created by Rinker
¥3,480
(2022/06/28 21:26:29時点 楽天市場調べ-詳細)

優先順位としては低めですが、「枕がないと眠れない!」という方に。

エアー枕は携帯性に優れています。

ゆっきー
ゆっきー
収納袋に着替えやタオルを詰めて代用可能です

 

調理

はじめてのキャンプなら、自宅にあるものや100均、使い捨ての紙皿でもOK。

キャンプ沼にはまると、あとから必ず買います(体験談)

 

食器類

created by Rinker
¥1,200
(2022/06/29 14:51:32時点 楽天市場調べ-詳細)

皿にカップ。

箸、スプーンやフォークを必要に合わせて持ってきましょう。

シェラカップは皿やカップとしてだけでなく、そのまま調理にも使えるので便利です。

ゆっきー
ゆっきー
直火NGのシェラカップもあるので、要確認!

 

調理器具

created by Rinker
¥2,580
(2022/06/29 14:51:32時点 楽天市場調べ-詳細)

クッカー、またはコッヘルと呼ばれますが、前者は英語、後者はドイツ語。

がっつり調理するなら、携帯性は下がりますが少し大きめのものが使いやすいです。

ゆっきー
ゆっきー
簡単な煮炊きなら小さくてもOK

まな板は100均、包丁は使い慣れた家にあるものでも良いでが、

包丁(刃物)を持ち運ぶ場合は必ずケース(自作可)で刃を保護して、取りだしにくい場所に入れましょう

ゆっきー
ゆっきー
持ち運びに気を付けないと、最悪お巡りさんのお世話になります。注意しましょう。

 

コンロ(バーナー)

created by Rinker
¥3,950
(2022/06/29 18:20:39時点 楽天市場調べ-詳細)

キャンプ用のコンパクトバーナーは携帯性に優れていますが、初期費用を抑えたいなら家庭にあるカセットガスコンロでも充分です。

炭調理の場合はBBQコンロを用意しましょう。

ゆっきー
ゆっきー
ただし、カセットコンロはあくまで室内用。風に弱いです。

 

燃料

created by Rinker
¥920
(2022/06/29 18:20:39時点 楽天市場調べ-詳細)

使用するコンロ、バーナーに合わせてガスや炭を用意しましょう。

 

ウインドスクリーン

ただの板だと侮るなかれ。

屋外での調理は、ちょっとした風で火が消えます。

ゆっきー
ゆっきー
熱が拡散されてしまうので、「いつまでたってもお湯がわかない…」なんてことも

薄い板なので、携帯性もGOODです。

 

バーナーパッド

created by Rinker
¥698
(2022/06/29 01:02:27時点 楽天市場調べ-詳細)

アウトドアバーナーは部分的に火力が強いので、クッカーが焦げ付きやすい。

バーナーパッドは1点集中の炎を、分散した熱に変換してくれる超優秀な道具です。

これも薄い板なので、荷物になりません。

 

ウォータージャグ

created by Rinker
¥1,730
(2022/06/29 03:35:34時点 楽天市場調べ-詳細)

キャンプ場では基本近くに水道がないので、飲み水や調理用の水をタンクに入れておきます。

ゆっきー
ゆっきー
防火用水にもなるので、焚き火をするときは必ず用意しましょう

 

クーラーボックス

created by Rinker
¥3,980
(2022/06/29 03:35:34時点 楽天市場調べ-詳細)

ソロキャンプなら1泊10~15ℓもあれば容量は充分。

20ℓならかなり余裕があります。

ゆっきー
ゆっきー
ハードとソフトタイプがあります

 

保冷剤

created by Rinker
¥2,750
(2022/06/29 17:59:37時点 楽天市場調べ-詳細)

クーラーボックスの大きさに合わせて選びましょう。

ロゴスの保冷剤なら、食材が冷凍されるほど強力です。

ゆっきー
ゆっきー
ペットボトルで氷をつくれば、保冷剤&飲み水になります。食材を冷凍しておくのも一手

 

ゴミ袋

ほとんどのキャンプ場で、ゴミは原則持ち帰り。

自分が出したごみは、きちんと持ち帰りましょう。

ゆっきー
ゆっきー
大きめのポリ袋があれば、濡れたテントを撤収するときに役立ちます

 

キッチンペーパー

洗い物ができないキャンプ場では、キッチンペーパーで汚れをふき取り、帰宅してから皿洗いをするのに役立ちます。

 

布巾

created by Rinker
¥495
(2022/06/29 02:30:14時点 楽天市場調べ-詳細)

洗い物をする場合は必要です。

ゆっきー
ゆっきー
ソロ1泊なら帰宅後の皿洗いの方が楽です

 

洗剤・スポンジ

ご家庭にある洗剤でOK。

ゆっきー
ゆっきー
こちらもキャンプ場で洗い物をしないなら不要。使わないものは持って行かない方が荷運びが楽です。

 

焚き火

キャンプの醍醐味、「焚き火」

「1/fゆらぎ」と呼ばれる、焔のゆらぎには癒し効果がありますが、

「火の扱い」には注意が必要です。

ゆっきー
ゆっきー
強風などの気候条件が悪い場合は、焚き火は控えましょう

 

焚火台

created by Rinker
¥2,500
(2022/06/29 04:07:53時点 楽天市場調べ-詳細)

ほとんどのキャンプ場で焚火台の使用は必須。

各メーカーから色々な焚火台が販売されていますが、観賞用か調理用かなど、用途に合わせて選びましょう。

 

スパッタシート

created by Rinker
¥2,480
(2022/06/29 06:03:02時点 楽天市場調べ-詳細)

芝の保護や火災防止のため、焚き火台の下に敷くスパッタシート。

思いがけず火花が飛んだり、火のついた薪が焚き火台から落ちることがあるので、焚き火台より少し大きめのシートを用意しましょう。

ゆっきー
ゆっきー
灰が落ちてもまとめて回収もできて便利です

火消壺

created by Rinker
¥6,282
(2022/06/29 06:03:02時点 楽天市場調べ-詳細)

薪や炭を、酸素を遮断することで消化する道具。

水をかけてしまうと薪や炭は再利用できませんが、火消壺で消してものは再利用可能で、着火しやすいおまけつき。

ゆっきー
ゆっきー
キャンプ場によっては灰捨て場があります。炭は自然に還らないので、適切に処理しましょう

 

ひばさみ

created by Rinker
¥2,250
(2022/06/28 21:56:44時点 楽天市場調べ-詳細)

火の付いた薪や炭をつかむ道具。

ゆっきー
ゆっきー
素手で燃える薪を掴む猛者はいませんからね…

 

火吹き棒

created by Rinker
¥498
(2022/06/28 21:56:44時点 楽天市場調べ-詳細)

ピンポイントに空気を送り込むと、効率的に火お越しができます。

ゆっきー
ゆっきー
コンパクトになるものが多いので、紛失注意です

 

防火手袋

created by Rinker
¥1,280
(2022/06/29 05:26:18時点 楽天市場調べ-詳細)

焚き火のときにもですが、熱々のクッカーを掴むときにも便利です。

 

斧・鉈・ナイフ

created by Rinker
¥4,080
(2022/06/29 05:26:18時点 楽天市場調べ-詳細)

薪割りに必要な道具。

薪の大きさの順に斧→鉈→ナイフとなるので、必要に合わせて選びましょう。

ゆっきー
ゆっきー
ナイフでバトニングをするなら、厚めで丈夫な選びましょう

 

のこぎり

created by Rinker
¥880
(2022/06/29 13:26:39時点 楽天市場調べ-詳細)

斧は薪を「縦に割る」ことに適していますが、「横に切る」ならのこぎりは必須。

ゆっきー
ゆっきー
薪が長すぎると、焚き火台やストーブに入らないことも

 

created by Rinker
¥2,200
(2022/06/29 13:26:39時点 楽天市場調べ-詳細)

ネットでまとめ買いをするのも手ですが、荷物になるので現地調達が可能ならそちらがおすすめです。

ゆっきー
ゆっきー
重いしかさばるので…

 

着火剤

created by Rinker
¥126
(2022/06/29 14:31:57時点 楽天市場調べ-詳細)

ファイヤースターターでの火お越しに憧れますが、慣れないうちは着火剤を使うのが早く確実です。

ゆっきー
ゆっきー
焦らず少しずつレベルアップしましょう

 

その他

キャンプ場や移動手段によって必要なものは変わりますが、優先順位が高いものを最初に持ってきています。

 

常備薬・救急キット

キャンプ場によっては、すぐに救急車が駆けつけられない場所もあります。

最低限の手当ができるように、必ず準備しておきましょう。

ゆっきー
ゆっきー
怪我もですが、虫や蛇にも注意しましょう

 

ウェットシート

created by Rinker
¥910
(2022/06/29 08:56:24時点 楽天市場調べ-詳細)

手を拭くためにだけでなく、皿洗いが出来ない場所でサッとお皿を拭くときに便利です。

 

消毒液

created by Rinker
¥1,000
(2022/06/29 08:56:24時点 楽天市場調べ-詳細)

コロナ禍が続いているので、消毒液の携帯は必須。

ジェルタイプのものが携帯しやすいので、バッグに忍ばせておきましょう。

 

バッグ

created by Rinker
¥2,980
(2022/06/29 11:36:28時点 楽天市場調べ-詳細)

紹介した道具をまとめて持ち運ぶために。

ゆっきー
ゆっきー
リュックタイプもいいですが、折り畳みの出来るタイプのコンテナバッグはとても便利です

 

収納コンテナ

created by Rinker
¥4,480
(2022/06/28 18:46:55時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらも紹介した道具をまとめて持ち運ぶためですが、椅子やテーブルの代わりにもなるハードタイプ

ゆっきー
ゆっきー
ステッカーを張ってオリジナリティも出せます

 

バッテリー

created by Rinker
¥19,800
(2022/06/28 18:46:55時点 楽天市場調べ-詳細)

スマホだけならモバイルバッテリーで充分ですが、キャンプ場には電気がないことが多いので、

  • カメラ
  • 調理器具
  • 治療器具

と、大容量の電源があると何かと便利です。

ゆっきー
ゆっきー
僕は無呼吸症候群なので、CPAPの使用に電源は欠かせません

 

雨具

created by Rinker
¥3,080
(2022/06/29 11:36:29時点 楽天市場調べ-詳細)

雨の設営撤収に。

「晴れた日しかキャンプいかないよ!」という方には不要かもしれませんが、急な雨もあるので1つあるといざというときに助かります。

 

キャリーワゴン

設営場所に直接車を乗り入れ出来ないキャンプ場では、キャリーワゴンがあると荷運びが楽になります。

ゆっきー
ゆっきー
タイヤが大きいほうが、足場が悪くても楽に引っ張っていけます

 

暑い時期

屋外で過ごすキャンプは、当然ですが気候条件で必要なものが変わります。

夏は熱中症・害虫対策をしっかりと。

 

日焼け止め

年々厳しくなる夏の日差しに、日焼け止めは欠かせません。

 

虫よけ

created by Rinker
¥1,342
(2022/06/28 20:10:31時点 楽天市場調べ-詳細)

暖かい時期のキャンプは、蚊や虻などの害虫がつきもの。

ゆっきー
ゆっきー
ハッカ油など、体にスプレーするタイプの虫よけも有効です

 

扇風機

日陰を作って直射日光を遮るのはもちろんですが、風の流れをつくるとより涼しく過ごせます。

ゆっきー
ゆっきー
電池やUSB式の扇風機は、屋外でも手軽に使えます

 

寒い時期

暖かい時期に比べて、危険性の増す冬キャンプ

寒さもですが、一酸化炭素中毒にも充分注意しましょう。

 

ストーブ

created by Rinker
¥27,814
(2022/06/28 22:39:15時点 楽天市場調べ-詳細)

暖かい服を着込むのが最重要ですが、寒い冬キャンでは熱源が欠かせません。

ゆっきー
ゆっきー
僕はカセットガス式のストーブを愛用しています。薪や灯油式のものがよりパワーがあります

 

カイロ

貼るタイプのカイロを、大きな血管が通る位置に貼ると効果的です。

ゆっきー
ゆっきー
繰り返し使えるハクキンカイロもおすすめです

 

一酸化炭素チェッカー

created by Rinker
¥2,080
(2022/06/28 21:26:29時点 楽天市場調べ-詳細)

テント内で火器を使用するなら、換気は必須

一酸化炭素チェッカーを併用して、より安全性を高めましょう。

ゆっきー
ゆっきー
一酸化炭素は無味無臭なので、気がついた時には…というケースも

 

まとめ:キャンプデビューは春~秋がベスト

以上、キャンプに必要な道具でした。

キャンプ初心者
キャンプ初心者
キャンプ道具ってこんなに要るの…?
ゆっきー
ゆっきー
徒歩やバイクだとここにあげて物をすべて持って行くのは難しいので、スタイルに合わせて選ぶのがベストです
  1. テント
  2. ハンマー
  3. 寝袋
  4. マット
  5. チェア
  6. テーブル
  7. 食器・調理器具
  8. クーラーボックス

最低限これだけの道具と、まとめるためのバッグがあればひとまず1泊は可能なので、あとは実際にキャンプしながら道具を増やしていきましょう。

 

キャンプ初心者
キャンプ初心者
道具を買っても、すぐ使わなくなるのはお金の無駄な気が…
ゆっきー
ゆっきー
そういうときは、道具のレンタルサービスをしているキャンプ場を使うといいですよ

ABUキャンプフィールドのように、高品質なキャンプ道具をレンタルしているキャンプ場や、インターネットで道具をレンタルできるサービスもあります。

 

ゆっきー
ゆっきー
キャンプブームで色々な商品が発売されているので、ゆっくり買い揃えて自分にとっての最高の一品をみつけましょう

 

 

\ブログ村、ランキング参加中!/

にほんブログ村 アウトドアブログへ




随時更新! 山口県のキャンプ場がわかる【山口キャンプMap】山口県内を中心に、キャンプ場の地図をつくりました。GoogleMapなので使い勝手もGOOD。キャンプ場付近の買い出しできるお店、キャンプ用品が買えるお店、観光地などを随時追加していきます。...
ABOUT ME
ゆっきー
アニメゆるキャン△でキャンプに目覚めた田舎キャンパー。山口県在住。無呼吸症候群なのでCPAPと電源片手に、主にソロキャンプを楽しんでいます。 自分が行ったキャンプ場、キャンプの様子、キャンプギア、アニメの話などなど。色々と記事にしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA